プロフィー2016

プロフィール

松本 栄文(まつもと さかふみ)
Profile of Sakafumi Matsumoto

株式会社松本栄文堂・代表取締役社長                                                                                                                                                                                      東京農業大学短期大学部栄養学科を経て、国際食料情報学部卒業     /CEO of Matsumoto-EibunDO.INC A scholar of Sitology I studied Nutrition at Tokyo University of Agriculture and changed departments to International Agriculture and Food Studies from which I graduated.

 

略歴 ========================================

花冠「陽明庵」主人、作家。一般社団法人日本食文化会議理事長。一般財団法人清櫻堂書院理事長。全国各地で「日本文化を愛でる会」を主宰し日本の伝承・伝統文化の普及に努める。著書『SUKIYAKI』では料理本アカデミー賞と称されるグルマン世界料理本大賞2013「世界№1グランプリ」を受賞。『日本料理と天皇』では同世界大賞2015の最高位「殿堂」(HALL OF FAME)に輝き、続く創設20周年記念祭典「創設最高賞」(HALL OF FAME. BEST OF THE BEST)をW受賞。『1+1の和の料理』では同世界大賞2017「世界№1グランプリ」を受賞し、創設史上、世界最多の四冠制覇の偉業をなした。その他、『讀賣新聞』『趣味の園芸-やさいの時間』『サンデー毎日』『DiscoveyJapan』など連載、執筆、著書多数ある。  

/Currently I am Chef of “Sawara Saryo HANAKANMURI”, Administration officer of Seiodo Shoin Foundation and Administration officer. I used to be an Advisor for the Cabinet Office and Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan at various times. I now preside over “Nihon bunka wo Mederu Kai (Group of Admiring Japanese Culture)” and hand on Japanese tradition to the next generation all over Japan.
My book “SUKIYAKI” received an award as Best Single Subject in Gourmand International Award 2013 and “Nihon ryouri to Tennou (Japanese cuisine and Empire)” received HALL OF FAME in 2014. “Shokuzai wa Kataru (Food speaks)” was a best selection book in the Japan Library Association. As well as I appear regularly in a number of publications such as “Yomiuri Newspaper”, “Yasai no Jikan” and “Discover Japan”.

 

会社概要 ======================================

社名:  株式会社 松本栄文堂                                                                 設立:  平成26年5月15日                                                                   資本金: 3,000,000円

➊飲食経営、並びに飲食コンサルタント業務。 ❷地域開発コンサルタント事業、並びにイベント開発。 ❸新商品の開発事業、並びにローションプロデュース事業。 ❹人材育成の教育事業、並びにメディアマネージメント業務。 ➎インターネットを利用した通信販売業務。 ❻前各号に付帯する一切の業務。

関連法人:   一般財団法人清櫻堂書院、株式会社MATSUMOTO                                                   取引金融機関: みずほ銀行                                                                        主な取引先:  博報堂、毎日新聞社、産業経済新聞社、NHK出版、枻出版社、ホテル-リッツ-カールトン東京、米沢ミート、明治、金田中、北国からの贈り物、サンライズファーム、小林商店 など

===========================================


御挨拶

このたびは、私のオフィシャルサイトへ御越しくださいまして、大変嬉しく思っております。これも御縁に、よしなに御頼み申します。私の価値観等を少々綴ってみましたので、是非とも御読みいただけると「松本栄文」という人間性がわかってもらえるかと存じます。  /Greeting message Thank you for visiting my official site. I have written about myself and my philosophy, in the hope that you will get to know me a little better.

 

■「日本再耕」を掲げ、私が「料理」をする意味。

私は、二十代最後の29歳の時。
三十代の自分の役目に「日本再耕」の文字を掲げました。
それは、今の日本は「再考=再度考える」暇はなく、「再耕=再度耕し直す」べき段階だと思ったからでございます。皆さんは今週、一度でも「土」を触りましたか? 今日、5分でも「空」を見上げましたか? 毎日見ている街角の「樹木」だって、昨日と今日は違う緑色。気が付きましたか?     /The reason why I cook for Japan Rebuild, When I was 29, the goal I set for my 30s’ was “Japan Rebuild”. I thought, now Japan needs rebuilding instead of rethinking. Did you touch any soil even once in this week? Did you even see the sky for 5 minutes today? Did you even realize that the trees on the street which you see every day change its color?

 

■私が「料理」をする意味。

それは日本人を日本人に戻したいから。
日本人は農耕民族であり、欧米諸国のような狩猟民族ではありません。それゆえ日本人にとって「土」は、民族の礎のはずなのに昭和30年以降、国家の近代化が進むにつれ「日本人と土」の関係は遠のく一方でございました。「土」を忘れれば、四季の移り変わりだって疎くなり、自然の美しさを「美しい」と思える心が遠のいて行くだけございます。日本人がもつ美しい感性を未来永劫に残していきたい。現代において「美しい」とされるものは、私から言うと「ただ派手」なだけでつまらないものばかり。かといって「地味」は滋味にあらず、「ただ鈍臭い」だけで酷い限り。本来ならば派手地味の他に、「雅」という感性があったはずでございます。空間を楽しむ余韻。季節を味わう余韻。そして、引き算という究極の美意識を最高とした価値観。日本人はもっと日本人であることを誇るべきなのです。   /The reason why I cook The answer is: Let Japanese be real Japanese. Japanese are farmers, unlike Europeans who are hunters. “The soil” is fundamentally our soul, but after the 1950s Japan’s modernization preceded everything else, whereas the relationship with Japanese and “the soil” became estranged. If you forget about “the soil”, you are unaware of season changes and you become unfamiliar with the beauty of nature as well. I want to keep the Japanese sensibility of “beauty” for the future. I do not agree with the present sense of beauty. It seems flamboyant and blank. Even “simplicity” is not exquisite. It is too superficial. There should be a sense of “elegance” between beauty and simplicity. It helps to enjoy the space and the season. Essentially, “Less is more”, this is the best sense of beauty which all Japanese should be proud of.

 

■私が「料理」をする意味。

それは、料理というのはたった一つの食材では作れないものですから、必ず調味料なり、副材料を組合せ、その相乗効果をもって味わいをおさめております。同じ食材であっても、産地や生産者が変われば、当然のごとく個性も違ってくるもの。例えば「南魚沼産コシヒカリ」と「新潟県産コシヒカリ」。同じ品種で同じ新潟県産であっても、なぜ南魚沼産が最上とされるのか。別に新潟県産コシヒカリを不味いとは言ってないが、温暖差が激しい南魚沼郡の山深い気候では、コシヒカリという品種の最大限の持ち味が引き出される産地だからなんです。食材というのは産地差によって大きく個性は異なりまして、料理一皿の上でも、食材が育った気候風土が物語っているのです。御客さんが「この御飯。いつも食べている御飯と違うみたい。どうして?」それはね…とか。料理というのは本当に不思議なもので、一つの食材を通して、その育った地域と気候風土までも関心を抱かせてしまう「力」があるものなんです。   /The reason why I cook It’s because of the power of food. We cannot cook food with only one ingredient. It creates a synergy effect with a condiment and other ingredients. The taste of food changes depending on the production area and the producer. For example, “Koshihikari rice from Minami Uonuma” and “Koshihikari rice from Niigata” are grown from the same prefecture but only “Koshihikari rice from Minami Uonuma” is treated as the best. Why does that happen? I’m not saying the Niigata one tastes bad, but in Minami Uonuma the difference in temperature is quite extreme, and hence is the best area for growing Koshihikari rice. Depending on where food is grown it differs in its taste, even in one dish you can feel the natural feature of the region. Sometimes guests ask, “Why is the taste of the rice different from the one we usually eat?” Through food, the conversation becomes animated about the region and the place you have grown up in. That is the power of the food.

 

■役目があるから「料理」をする。

それは、料理一皿に使う食材をもって、日本の豊かさを伝えられるから。
日本列島はアジアモンスーン地帯に位置する縦長の島国であるゆえ、多彩な気候風土と四季に恵まれた土地柄のことを「料理一皿」に込めて御客さんに伝えらなんです。私は料理をもって日本人に日本の素晴らしさを伝えたい。人には生まれながらの「役目」がございます。天皇、皇親方々、公家、武家、社家、庄家、百姓。どれも命の重さは同じでございますが、自ずとして役目は違ってくるものであります。国家の礎は民百姓であり、それを有利販売や付加価値化をするのが庄屋の役目。民百姓の土地を命懸けで守るのが武家であり、五穀豊穣と国家安泰を祈るのが天皇、皇親方々、公家、社家の役目でございます。私は、この「平成」という御代に古臭いことを申しますが、今の日本人が日本人でないとするのであれば、私は旧公家の遺伝子を少なからずも受継ぐ者として、今の日本人を日本人に戻したいだけなのです。この役目こそが、私が「料理」をし、「講演活動」や「執筆活動」をする意味なのでございます。   /I have a mission. That is why I cook. I can pass down the riches of Japanese nature through one dish and the food I use. Japan comprises of islands positioned lengthwise which are located in the Asian monsoon zone, hence I am able to put into a dish, various climates and natures of a locality affected by the four seasons. I want Japanese to know Japanese splendor with one dish. A person has a born "mission". The Emperor, imperial families, a court noble, a samurai family, a merchant and a farmer have their own missions. The mission differs from each other. The national foundation is farmers and merchants add an additional value, whilst Samurais save the farmer’s land and the Emperor prays for national prosperity and a huge harvest. Maybe I am old-fashioned to say it like this, but I want Japanese to be real Japanese and as a former court noble, that is my mission and that is why I cook, write and lecture.

 

■松本栄文の本業とは??

多くの方々に「松本さんの本業は?」と尋ねられることがございますが、私の「役目」こそが本業となりますので、私は「松本栄文が本業です」と申しております。料理人でもあり、食品学者でもあり、若輩ながら文化人の端暮れでもございます。人生なんていうものは、どうせ死ぬまでの暇つぶしにしか他ならぬものでございますから、己の役目を全うしたいと思っております。ですので、松本栄文の本業は「松本栄文」としか申しようがないのであります。    /My core business Many people asked me about my core business. My mission is my core business. Being myself is “The one”. I am a chef, a scholar of Sitology and multicultural. Life is killing time before dying, so I work on accomplishing my mission.

top