メディア

雑誌: 月刊『趣味の園芸‐やさいの時間』10月号(NHK出版)掲載

松本栄文が語る連載「ひと皿の土巡り」。今回は東京都国分寺市で江戸伝統野菜「馬込半白胡瓜」を作る生産者を取材。

江戸時代、胡瓜の断面が徳川家の御紋「三つ葉葵」に似ていることから、武士社会では犬猿されて来た野菜であるが、庶民の間では漬物瓜として「胡瓜」は欠かすことの出来ない存在であった。江戸では様々な品種改良がなされてきましたが、やはり漬物にはカリカリとした食感が優れる「馬込半白胡瓜」に勝るものは無く、古くから江戸では重宝された品種でございました。しかし、今や生産農家は消滅し、極数軒の生産者で残しているのがありました。そんな、忘れかけてきた伝統野菜の魅力を、今回は御伝え致します。

keyword:食材/日本文化/伝統/江戸野菜/NHK/佐原茶寮花冠

top