メディア

会誌: 月刊『佐原だより』5月号の連載アーカイブス(佐原商工会議所)転載

佐原商工会議所が発行されます会誌『佐原だより』にて、昨年一年間でありますが連載「美しい佐原風景」を掲載しておりました。記事を転載致しますので、是非御拝読頂ければと思います。

===========================================================
小野川のほとりの柳緑も一層濃くなる皐月の季節。至る民家の中庭から大きな鯉のぼりが雄大に泳ぐ「端午の節句」(新暦5月5日、旧暦6月5日)となりました。そもそも端午とは、旧暦の午(十二支)の月が五月を示したことに由来し、「端=物の隅」、つまり物事の始まりという意味から、午月の最初の午日に祭事を行ったことが始まりです。禁裏武徳殿では、端午祭事の一つに「競馬(くらべうま)」を行い、神々に馬を奉納することで五穀豊穣を祈願してきました。端午の節句といえば、男子の健やかな成長を願うものです。なぜ?男子なのかというと、競馬に乗るのは男子の務めでありましたから、馬に乗れるような丈夫で健康な男子が育つことを、五穀豊穣祈願と共に祈っていたことが由来になります。また「菖蒲」は、特有の強い芳香から「厄除け」の力をもつものだと信仰され、菖蒲に蓬を添え、屋根に投げ込むという風習がありましたので、菖蒲湯も同様の意味が込められているのです。

京都では、あまり拝見しないのが「鯉のぼり」の存在でして、江戸時代に関東から発祥したものです。「鯉の滝登り」で知られるように、勢いよく滝を登りゆく姿が古代中国では「龍」に例えられ、武家社会の江戸において男子の立身出生を祈願するものとして鯉のぼりが誕生しました。いささか乱暴な喩えではありますが、佐原の震災復興が無事に成し遂げ、ぜひ鯉のぼりのように再び滝登りすることを心から願っております。

top